きみのナワ。

イラストレーターになろうとじたばたしてる画学生です。ナワリョウガっていいます。

やりジュライ、この毎日を

   懸念していたが、ちょっとばかし無気力です。

 

   金曜夜、我らがT・H先生よりTEL。

 

   「(本題を述べたのち、)あそうだ、明日って予定ある?」

   「明日ですか?特にないですけど」

   「じゃあさ、終業HRでも言った特別授業出ない?ていうか出ようよ」

 

    そ、そんな風に言われちゃうと断れないんだよな。

   一応聞いてみると案の定人数があまりおらぬそうなので、出ることに。

   (なお、詳細メールを送ると言ってよこさず、電話で言った開始時間も30分違うという平常運転。でもまあT・H先生なら、少なくとも学生なら誰も憎まない。人柄で得してる先生だと思います笑)

 

   14時からと聞いたものの、前述の通りいいかげんを極め、30分ほど為すすべなく待機。

   他学科の1年生の子たちも、14時3分前から「来ないな」「来ないね」と言っていたので、彼らもおそらく14時からと聞いていたみたいです。あのやr……おっとそうしてるうちに、特別講師がお出まし。

 

   1時間が割とあっという間なお話を聞いて、制限時間30分の突然の課題をする。そんな授業で、正直拍子抜けでした。もっとがっちりみっちりやるものかと。楽しかったです。

 

   ぼくはそのとき、オールバックで長髪を後ろで束ね、課題にはいかにもぼくらしいアイデアで対応。

   質疑応答では一番に金のはなし。

 

   今日もナワくんは淡々とナワくんしてるってことで、補佐をしていたぼくのクラスの去年の担任K・H先生とは、お互いに苦笑いを添えて軽く会釈。

   1年生の時分には、クラスメイトには知られざるやんちゃをさせてもらってましたから、先生とは妙な絆があるのです。

 

   そうして授業はあっという間に終わりを迎え、帰路に。

   なにせながーく活動されてるプロの方の授業ですから、何かしら刺激を受けて、胸の内で感情を持て余していました。そのときは。

   しかし暑いさなかに歩いて帰宅し、着いた頃にはそんなことも忘れている始末。

 

   そして土日月と、着々と7月は終わりを迎えようとしています。

   課題か制作は一応毎日やっているものの、取り組む時間が減っている。いやー良くない。

 

   頭がぼやーっとして、いつもの休日病にかかりそうです。このまま悪化すると何もしなくなる。

   いかん。課題の他にも、夏休みにはやりたいことがあるのです。

   でもその気負いが、かえって気力を奪っているのかもしれない。

 

   とりあえず楽しいことをしよう。

   具体的には、少年のヌードを描こう。

 

   夏休み入ってすぐ取り掛かった新作も少年のヌードが描いてありました。

   少年のヌードより楽しいモチーフは、とりあえず思いつきません。

 

   なんだか危ない人みたいだけど、これもみんな「風と木の詩」をこないだ全巻読み終わったせいです。

   あれを読んだらみんなジルベールに恋をするのです。勘違いしないでほしい。

 

   あとは最近、ちゃんとした読書をしてないから、読書したいな。

   でも森見氏の「太陽の塔」は、デビュー作ということもあってか、テンポが悪くて読みにくい。

   あれならホラーを書いて欲しいなあという具合なので、「きつねのはなし」を読みつつ、なにかおもしろい新書かなにかを借りてきます。

   古典を読みたい気もする。

   

   ともあれこの暑さに出不精がたたり、歩いて数分の図書室にもいけるかどうか。

   汗のせいでまた肌が荒れてきたし、いやなんともはや。

   夏なんてはやいとこ終わっちまいーっ。何度目か知らんが、呪詛のように繰り返しますよぼくは。

   

   麗しき我が人生最後の夏休みよ……願わくば実り豊かな大いなる布石とならんことを。

   じき、8月が訪れます。

   

   

いつまで日本で消耗してるのさ

   結婚から、国力と人間力に飛躍するはなし。 

 

    前の記事で書いてたけど、長くなりすぎるのと話が変わりすぎるので、分けてこちらで書きます。   

 

   これはぼくの持論ですけど、これだけ人間が増えすぎておきながらいまだに、結婚がどうの子どもがどうのいうのはどうかと。
   人間の数が増えて、恋愛対象の母数が増えたら分子も増えるかと思えば、昔より贅沢なことを言い出すようになっただけ。むしろ逆。
   そうして性的に不遇に甘んじる非恋愛対象の人間ばかりが増える。

   恋愛したくてもできない、恋愛したくない、結婚したくない、子どもはいらない、同性が好き。
これらは全て、増えすぎた人類が、種として自然に示している方向性であるはずです。

 

   「子ども増やすな身を慎んで。」

   なんのセリフかわかりますか。

   日本に関しても少子化なんて言ってるけど、人間は減った方がいいし、そもそも日本の国力だってどうでもいいですよ。

   裏を返せばそれは、人々はあまりに、自国の国力に頼りきりになっているというそれだけの話ではないですか。
   日本でないと生きられない、そういう弱さを、国の力になんとかしてもらってきた。

 

   日本という国を失ってはじめて、自分を食わす力の大切さと、日本で暮らすことや日本国籍であることにこだわる必要がまったくないことがわかるのなら、少子化で日本が弱くなって、日本という国を保てなくなったとしても、むしろそれが人類のためですよ。

 

   みんな、自分で思ってるよりはずっと子どもみたいな人間性しているんだから、なにか大切なものを失って大人になるくらいでちょうどいい。

 

   外国語を、数学を学ぶことと同じくらいの意識で学んで、生きる術を、具体的には金か暮らしのいずれかを稼ぐ術を磨いて、生きる国を自由に選ぶ力をつけることを、もっと当たり前に思ってもいいんじゃないでしょうか。

 

   逆にいえば、日本で生きなければいけないのは外国語ができないからだし、外国語ができたとしても、現地からしたらわざわざ日本人(あちらにとっての外国人)を雇う必要がないからですよね。

   でも日本でしか生きられないのは不便です。

   

   ツイッターでは毎日、政治批判のツイートが流れます。常に誰かの悪口が流れる。

   税金を払ってそんな人に仕事をしてもらわなければいけないなんて、そんな無駄なことはないですよね。
   お金を払ってもちゃんとした仕事をしてくれないのなら、本来はお金を払うのをやめるのが筋。

   しかし日本でしか生きられない、いまのぼくを含めた大半の日本人は、お金を払うのをやめられない。
   お金を払う対象、つまり政府(住む国)を自由に選べない。
   せいぜい政党しか選べない。

 

   だから彼らがちゃんと仕事をしてくれないとき、「ちゃんと仕事しろ」と言うしかない。

   

   一分の隙もない正論なんだから、国民はストレスをためつつ、その正論にあぐらをかいてしまう。
   政治家も政治家で、とはいいつつ罰せられる以上、税金を払うのを国民はやめられないし、国を変えることもできないんだから、自分たちの稼ぎ口はなくならない。だから甘えは絶対に消えない。

 

   ぼくは政治は全然知らないから、なんでみんなが怒ってるのか知りません。

   でも思うのは、怒ったり、政治家より賢い提案をすることより、日本人をやめる努力をすることの方が、ずっとはやくて、確実に回収される投資なんじゃないかな?ということ。

 

   だから、ほんとに日本の政治がだめなのか?ということにぼくは興味がない。

   飯屋と同じですよ。実際に食べなくても、食べログでさんざんなレビューがついてるなら、金を払ってまで同じ思いはしない。

   

   みんなの口調を見るに、日本の政治はどうやらダメらしいから、どうしてダメなのかより、いかにして暮らしやすい国に移り住むか、それを考えたいと思います。

   まだ若いんだから、政治の勉強はそれからでも遅くない。

   たとえしなくても、そのときどきで暮らしやすい国を転々とするんでもいいですよね。

 

   政治批判より外国語の勉強と、スキルの習得を。

   人生の時間の使い方として、どっちの方が自分のためでしょう?

 

   利己的な理論ですが、人のためになれる人は、自分のために生きてその結果強くなった人だけだと思うんです。

   なんにもできない人が、ただ善意だけで千羽鶴を折って被災地に送ったって、ただのありがた迷惑。

   それと似たような無駄足を踏むくらいなら、自分のためだけに全力を注ぐことが悪いことだなんて一ミリも思えない。

 

   政治批判批判という、すごく自己満足なことをしちゃった笑

   夏休みなんだし、たまにはね?

   こういう時間の使い方もね?

ぼくの孤独癖について

   久しぶりに「華麗なるギャツビー」を観ました。2013年の、レオナルド・ディカプリオトビー・マグワイアが出てるやつ。

 

   ほんとに久しぶりでしたが、やはり素晴らしい映画です。

   おもしろい部門ではぼくの中で「ジュラシック・パーク」を超えるものはないのですが、ギャツビーはさしづめ、美しい部門のトップですね。

   スコット・フィッツジェラルドによる原作小説は、アメリカのインテリなら誰でも読んでる古典小説だそうですから、物語の美しさはさすがなものです。

   そしてそのうえ、映像。カメラワークと構図と色味が素晴らしい。

   そして出てくるのはリッチな人間ばかりですから、美貌と衣装にも事欠かない。

    観てる間、幸せでした。

 

   ロハスコンテストの参考になるわけでもないから、完全に趣味の時間でしたね笑

   なにせあの映画、ロハスとはほど遠いw

 

   特注の車をぶっ飛ばして、酒をジャブジャブ注いで、黒人の使用人をはべらせて…

   1920年代とはそんな時代だったのでしょうか。

 

   とにもかくにも、イーストエッグとウェストエッグさながら、ロハスとこの映画の大富豪の暮らしは真逆ですね。

   かえって参考になるのかな?笑

 

   ともあれ至福の時間でした。

   あの映画のニックみたいになりたいな。

   金持ちになりたいような気もするけど、おしゃれで博識な「中流」を目指す。

   余裕さえあれば、稼ぎなんかいくらでもいいですね。暮らしが楽なら。

 

   ほんと、好きな映画を観つつ、ゆっくり課題を進めて料理して…果たして2学期からの学校生活だいじょうぶでしょうか。

   堕落しているわけではないのでね。

   決まった時間に食事して(基本的には自分で作って)、睡眠時間も変わらず、課題や制作をやりつつ、趣味にも時間を割く。

 

   あのせわしない学校生活とは正反対です。

   そして、素晴らしい生活だ。

 

   夏休みの終わり頃には「はやく学校はじまれ」とか言い出すかもしれないけれど、始まったばかりの今でいえば、学校にまた行くのやだなあ。

 

   もちろん、まだまだ勉強は足りませんから100%そう思ってるわけではありません。

   100%思ってたら退学するはずですから、ないですね。

 

   しかし、ほんとうに忙しい日々というのは、苦手です。

   母親は忙しいの大好きなんだけど。

   でもぼくは、食事の時間を家族に合わせるのすら苦手ですし、ひとつひとつに時間をかけたい口だから、予定を詰められるのがほんとに嫌です。

 

   結局祖父母が起きる前に朝食を済ませ、昼食は食べず、夕方頃自分で作ったご飯を食べて、その二食で生活してるわけです。

   集団生活と、スケジュールを誰かに委ねる生活が苦手。

 

   いまの生活の方が、ぼくのパフォーマンスは長期的には上がります。

   授業は、集中力と発想力を、その時間だけ極限にまで絞り出すから、短期的には学校に行った方がパフォーマンスが上がるんだけど。

   いかんせん疲れが尋常でない。

   趣味をするくらいなら、何もしない時間を過ごしたくなる。

 

   結局のところ、ぼくの思いはてこでも変わらない。

   1日もはやく、家を出て学校を出て、自営業で働きたい。

   働きたくないわけでも勉強したくないわけでもなくただただ、所属から、人から自由になりたい。

 

   同居人もなく、監視者もなく、ときどきだけあるコミニュケーションに全力を注いで、基本的に1人で仕事に集中したい。

 

   こんなこと言うと失礼なのは百も承知だけど、他人がいると、映画も満足に観れないですからね。

   映画とは、無音の時間を感じるための静かさが必要なのです。

   ところが、同居人がいれば必ず、生活の音が聞こえてくる。

   慣れたといえば慣れたけど、やっぱり映画は誰も起きてない時間じゃないと、集中できないですね。

   結局理想は、いつも1人。

 

   他人を自己実現の妨げみたいに言うと、内田樹さんはいい顔をしないんだろうなあ。

   ごめんなさいでも…あなたのいう、「自分が同じように他人に世話を受けた負債を含めた勘定」は、ぼくは社会全体に広く薄く清算したい。

 

   もちろんできなければ元も子もないけど、誰の力を借りようとも、成し遂げたい。

 

   なんの話かわからなくなってきましたがw

   こうやって文章を書くのは、志を忘れない上でとても大切なので…すみません、もうちょっと読んでて楽しいものにします笑

平成課題合戦ろはろは

 「イラストレーターになるとかいいながら何呑気にパスタなんか作ってんだこいつ」

 

 とか思われそうなので、今朝はまじめに夏休みの課題を。

 この間も真面目だったけど、あれは予定にない自主制作でしたからね。

 

 近況報告も兼ねて、写真だけのせときます。

   

   f:id:inarikawa:20170726103404j:plain

 

 新作は一番下。他二枚は、先日のイベントで売ったものに手を加えたものです。

 

 で、夏休みの課題というのはロハスコンテストのことなんですが、相変わらずアイデアには困り果てています。とりあえず散歩なんかしてみたり。

 

 ふと思い出して、「平成狸合戦ぽんぽこ」なんか見てみたり。

 あれ、最高にロハスな映画ですね。

 

 ジブリといえば宮崎駿ですが、この映画を見ると、高畑勲も同じくらいに天才だということを思い出させてくれるような気がします。

 ほんとに愛らしい映画です、これは。大好き。買う。

 

 映画といえば、いい加減「華麗なるギャツビー」を観たいし、「風立ちぬ」を観たいなあ。

 大好きな映画で、どちらもブルーレイをもっていて何度も見ているんですが、いかんせん観る時間がなくて。

 学校生活をせわしなく送っていると、好きな旧作を見返すよりは、新しいのを観たほうがいいんじゃないのかとかなんとか思ってしまいまして。新作映画や未見の旧作などに走ってしまうのでした。

 

 とりあえずヒントだけは浮かんだけど、せっかくの夏休み、大好きな映画を見返そうかな。

 

 真面目にやってるとかいいつつ、結局映画見たいなあって話でした。

 ちなみに、昨日の夜は「天空の城ラピュタ」を観ました。

 母親がジブリ制覇に向けて以前買ったんですが、それ以来買い足しはせず、唯一買ったラピュタもおそらく一回も見ていないという始末。

 久々に観たいなと思ったのと、もちぐされている事実を思い出して観たわけです。

 

 「風立ちぬ」が総合的には宮崎駿作品の最高峰だと思うけど、娯楽作品としてはラピュタはやっぱりすごすぎますね。

 あれだけ娯楽を極めて仕舞えば、その後の作品が「もののけ」とか「風立ちぬ」みたいな、純粋に楽しむような気楽さとは程遠い作風になるのも当たり前というものですね。

 リアルを極めた画家が抽象に切り替わるとか、その逆もよくある話です。

 

 夜に映画を見るのはいい感じに眠くなれるので好きです。

 今のご時世、よほどの作品でないと、長編映画なんて途中で集中力切れますからね。

 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は最高に面白くて、三時間映画であることは観終わる頃に知ったくらいでしたが、それもそれで初見だったからかな。

 睡眠導入には逆にいいですね。

 ドラマは面白ければ面白いほど、睡眠時間を奪う。

 

 ヒントだけは浮かんだので、モチーフを詰めてみます。

 まあせっかく夏休みだから、好きな映画でも観ながら、あまり気を張らずにやりたいところですね。

 いやー贅沢な時間だ。

ボロネーゼっていったほうがかっこいい

                      f:id:inarikawa:20170725143106j:image

 

    ツナパスタソースは作って2日間でほとんど食べ尽くし、3日目でパンに塗って息絶えたので、再びパスタソース。

 

   手がけてたポストカードのアナログ作業がついさっき完了したので、ちょっと余裕ぶっこいて、原型とどめないレベルにじっくり煮込んでやろうと画策しています。

 

   今日はくもってて、台所で鍋の前にいてもまあなんとかやってられる程度の気温なので、さながら料理日和というところ。夏の台所は暑いからね。

 

   トマトツナパスタは、たまには違うのを作ろうということで今回は自重。

   ソース作りにも慣れて来たということで、苦手だったボロネーゼソース(ようはミートソース)を久しぶりに作ってみることに。

 

   とはいってもやはり作るのは難しくて、ツナを使った時みたいにドロドロしてくれないのね。

   ニンジンやひき肉が、箸でかき混ぜるたびにゴツゴツしていて、ソースとしてのなめらかさがない。

   昔もそれで割と悩んでました。ひき肉のスープというか、液体っぽく完成してしまうんですよね。

 

   今回は丁寧に刻んで丁寧に炒めるっていういつものやつをやったので、「あとできるのは煮込むことだけ」と、作品が一つひと段落ついたのをいいことに、ぶっ続けでたっぷり煮込んでやろうといきっているわけです。

 

                     f:id:inarikawa:20170725143832j:image

 

   余分な水分はとんだようなので、火力を弱めてじっくり煮込むターンへ移行。たまにかきまぜつつ、パスドラやって時間をつぶそう。

 

                    〜10分経過〜

 

   …んん?

 

                      f:id:inarikawa:20170725145750j:image

 

    なんか、このまま煮込み続けたら少しやばそうな、具体的には肉と野菜だけになりそうな感じがしてきたので、一旦ストップ。

 

   ちょっと麺をゆでて、試食してみます。

 

   よし、茹でた。

   そして、混ぜてみる。

 

                     f:id:inarikawa:20170725155646j:image

 

   こうやって火にかけながら混ぜたら、もう少しソースっぽくなる説。

 

   さあ食べよう。

 

             f:id:inarikawa:20170725155738j:image

 

    ………薄い?

   たしかに塩が足りないかなあとは作りながら思いました。なくなっちゃったんだけど。

   オリーブオイルはかなり使ったから、その香りはおいしい。

 

   塩を足そうとも思いましたが、ここでピンと来た。

   ケチャップとソースをもっと足せばいいんじゃ?

 

   ケチャップをとりあえずパスタに混ぜたら明らかに効果があったので、鍋に残ってるソースにケチャップとソースを足して、混ぜて、とりあえずタッパーへ。

 

   また明日パスタを茹でて、今回みたくちゃんと混ぜて食べてみます。

   

   いずれにせよ、明らかに昔よりうまくなっている!!

  ボロネーゼソースも、ようやっと人並みになろうとしているかもしれないですな。

   このままレパートリー増やしたいな。

   料理って楽しいです。

このあと3日でなくなった

              f:id:inarikawa:20170723110845j:image

   

   ぼくの趣味はお料理。

   そしてパスタが大好物!ということで、いつものソースをまた作りました。

 

   作り置きして無くなったらまた作ってを繰り返していたんですが、最近はだんだんやらなくなってきて、しばらくパスタは作ってませんでした。

   でもまた食べたくなった。

 

   もうそれなりに長いこと同じようなのを食べてますが、あの味は飽きません。

   トマトと玉ねぎとツナを使った、ほんとにシンプルなソースです。

 

   そもそものきっかけは、高校時代のある日に友達が買ってた、コンビニのトマトとツナのパスタだったんですが、あれが妙にうらやましくて。

   ふと思い出して作ってみて、その後も改良を重ね(というより当たり前のことをできるようになっていって)、いまの味に。

   コツをつかんで、ちゃんと毎回同じ味です。

 

   お昼に食べると眠くなりすぎるから、ぼくは休日は、1日に2食。いまは夏休みなので、休み中は毎日そんなかんじ。

   朝と、夕方14時〜15時頃食べます。  

 

   なのでその夕食のころに、麺を茹でて食べようかな。

   いま、課題そっちのけで自主制作のポストカードやってるんですが、午後にそういう楽しみがあると、なんだか捗るような、別段そんなこともないような笑

   気持ちの問題です。

 

   2日目だからこんなに余裕ぶっこいていられるけれども、課題もやらないとね。

   先述のロハスイラストコンテストもそうだし、秋に備えてターナーアワードのことも考えたい。

   ほかにも、うちの学校にしか来てないちっちゃいコンペがあったりもするし、今年の夏休みも、実はかなりめんどくさいんです。

 

   去年みたいに「終わらせればいい」みたいな気持ちでなく、たくさん応募しようとか、少しでも磨きをかけようとか、そういうことを考えているいま、おそらくあっというまに過ぎていくでしょう。

 

   休みに入るまではほんとに忙しかったですから、とりあえず息抜きがてらこの作品を仕上げて、明日明後日からは本格的に課題やなんかをやりましょう。

   

   まあその副産物として、ちょっと嗜む程度にお料理を少々。

   おいしいものを食べてこその人生、なのです。

 

   誰のセリフでしょう?元ネタを言わずに唐突に、本やセリフの引用を挟んだりするので、わかんないひとは置いていきますのでそのつもりでね。

   わかんないひとはけっこう。

   最初だから簡単だけど、今後は油断なりませんぞ。

 

   なんのはなし?笑

   とりあえず、パスタはおいしい。

   今回はひとまずそういうオチ。

 

 

   〜3時間後追記〜

 

    ははぁ〜……おいしかったあ…

    50グラムだけ茹でた。パスタおいしい。

   

 

   

 

   

ねえ、ロハスってなんなのさ

 ロハスをテーマにしたイラスト作品を募集しているコンペへの応募作品を制作しています。

 夏休みの課題でもあるし、賞金もでかいです。単位以上にためになる。力を入れたいところです。

 

 しかしながら、去年もやったこのコンペですが、なかなかのくせものでもあります。

 

 まず、ロハスというテーマの漠然なこと! 

 なにかしらサブテーマを考えないと、作品のモチーフが決まらない。

 

 3作品やろうとおもっているのですが、とりあえず1枚目は「ロハス=体に心地いいもの」という解釈をもとに、「体に心地いいもの」をなにかのモチーフで表現した上で、ロハスの基本概念であるエコロジーだのなんだのを表現しようと思います。

 

 このコンペは、我が校の先輩の受賞率もそれなりなので、いい感じにあとに続きたいなあ。

 余計に気合が入ります。