きみのナワ。

イラストレーターになろうとじたばたしてる画学生です。ナワリョウガっていいます。

キテる、キテる!

 前回の記事で、ぼくがいかにYouTubeを愛しているかを述べましたが、やはりYouTubeは出会いの宝庫です。

 

 特に音楽との出会いに関しては、YouTube以上に数とスピードと拡散力に優れたものはないのではないでしょうか。

 ベストヒットUSAみたいな番組もおもしろいはおもしろいですが、あれは長い伝統がある番組なのであって、今後新しく音楽紹介番組が制作される必要はないように思えます。

 

 さて、そんなYouTubeですが、最近のぼくが推してるアーティストの新曲を見ていると、「この人……本気だ……!」と思わされてしまうようなクオリティと熱意を感じるものが、増えてきているように思えます。

 

 音楽の他、お笑いのDVDでもちょっとすごいのを見たので、自分の記録がてらご紹介したいと思います。

 

 

 まずは、水曜日のカンパネラが一ヶ月ほど前にアップした新曲、「メロス」。

    

      
           水曜日のカンパネラ『メロス』

 

 水曜日のカンパネラといえば、独特な歌声、歌詞のラップとEDM調の電子音楽を用いた構成でおなじみの、少しマニアック要素の強い、個性的なユニットでした。

 今もそれは変わらないんですが、ことこの曲においては、ずば抜けたバランスと完成度を持っていると思います。

 

 この場合のバランスとは、個性とメジャーのバランスです。

 水カンらしさを残しつつ、初めて聞く人にもまったく違和感を与えないような、大衆への歩み寄りに成功した傑作だとぼくは思います。

 

 この曲は日本ダービーとのコラボ曲なのですが、競馬(馬)というテーマから、モンゴルをMVの舞台に選ぶセンスもまた素晴らしい。

 

 前半は早口の歌詞が詰め込まれ、ラップではないものの、いつも通り全く何を言っているのかわからないボーカルが続きます。

 しかし、サビに入る直前から途端にオクターブが変わり、歌詞の密度も変わります。そこからサビへかけて、「一番重要な部分が一番聴きやすい」という、初見時の感動をこれでもかと促す構成。

 

 商業イラストレーターを目指すぼくに必要なすべてを感じます。まさにぼくの憧れ。

 まぎれもない、現時点の最高傑作だと思います。

 

 

 次は、米津玄師の新曲「ピースサイン」。

   

      
            米津玄師 MV「ピースサイン」

 

 これは水カン以上に言わずと知れたアーティストであり、名曲ですね。

 1日で100万回再生されたのを目の当たりにし、自分の感動が確かなものだったことを感じさせました。

 

 水カンもそうなるのかもしれませんが、米津はここのところ、明らかに曲調が変わってきていますよね。

 三月のライオンのED曲の「orion」以降、これまでのファンには不評の声がちらほら見受けられます。

 

 ぼくが「ゴーゴー幽霊船」を知った時、母親におすすめしたらぼく以上にはまってしまい、これまでのシングルとアルバムは「ナンバーナイン」まではすべて買っていたのですが(そのおかげでぼくもコンプしていました)、母親曰く「どうもナンバーナイン以降合わない」とのことで、「やっぱりそうかあ」なんて思ったものです。

 もしかしたら今後聴かなくなるのかもしれませんね。

 

 しかしぼくは考え方が違って、この米津の変化にはすごくすごく好意的です。

 そしてこの「ピースサイン」こそ、彼の現時点の最高傑作だと思います。

 

 ……水カンはYouTubeのオフィシャルチャンネルでしか聞いてないけど、米津のこれまでの曲は、ハチ名義以外は全部聴いてるから、それなりに説得力感じてほしいなあ。

 ちなみにハチはあんまり好きじゃないです。

 

 ぼくも高校の頃は、dioramaやYANKEEを好んで聴いていたのですが、最近になって本気でイラストレーターを目指すうち、「個性的であるのはいいけど、そこに大衆性や商業的価値がなければやはり無意味だよなあ」と思うようになり、それ以来はわかりやすいもの、とっつきやすいものが好きになりました。自分がそうなりたいからです。

 

 だんだん米津のこれまでの曲が聴けなくなり、わかりやすい魅力のある、花澤香菜キリンジなどの曲ばかりを聴くようになりました。今ほどJpopに関心が向いている時期は、これまでなかったです。

 

 おそらくアニメの主題歌という、使用目的の明確な曲というのもあるのでしょうが、「ピースサイン」は過去最高に大衆に向けて作られた、屈指の名曲だと思います。

 すでに再生数が証明しているのですが。

 

 今後も米津ファンだけではない、不特定多数に曲が作られるのであれば、ぼくは非常に楽しみです。

 オリジナルの新曲がまだないので、わかりませんが。

 ピースサインが収録されるであろう次のアルバムが、待ち遠しくてしょうがありません。このままどんどん、大衆性と個性を併せ持った、強いアーティストに成長していってほしいですね。

 おそらく、宇多田ヒカルの「Fantome」くらい化けたアルバムになると思っています。

 今後は自分で買います。どうせ母親は買わないでしょうし。(笑

 

 

 最後に、今日初めて(というよりようやく)見た、小林賢太郎の新作コント公演、「KAJALLA#1『大人たるもの』。

 

       小林賢太郎最新コント公演 カジャラ #1 『大人たるもの』  DVD

 

 これぞ心底、「小林さん、本気も本気や……」と圧倒された、ぼくが彼の最高傑作と信じて疑わない作品です。

 

 小林さんはこれまで、ラーメンズPOTSUNENなどの名義で、舞台を主な主戦場として活動していました。

 しかし小林さん本人が狙って、当初は「みんなあの芸人が好きなんだろうけど、俺はこれが好きだな」という、マニアック志向の人をターゲットにしていた時代もあったのです。

 

 バナナマンおぎやはぎとのコラボ公演もやっていたラーメンズですが、テレビに全くと言っていいほど出なくなり、狙い通りどんどんマニア性を強めていきました。

 しかし、ラーメンズの小林・片桐コンビではない、小林さん一人でのコント公演「POTSUNEN」のシリーズが始まり、これがまたヒットすると、BSでの年に一回のテレビ用コントの制作と、単純に公演自体のクオリティを年々上げていったのも相まって、国内や海外での人気が高まっていきました。

 

 そんな、POTSUNEN人気の高まった小林さんが、満を持して披露した新作コント公演が、この「カジャラ」です。

 

 これまでの小林イズムをふんだんに盛り込みながらも、シンプルな台詞、シンプルなシチュエーション、シンプルな演技で、とことんまで見やすく、楽しく、そしておもしろくなっていました。

 間違いなく小林コントの最高傑作です。

 

 ラーメンズでもPOTSUNENでもKKPでもなく、まったく純粋に「小林賢太郎として」コントを制作したという、まさに集大成。

 これまでの作品制作で培われたエッセンスがふんだんに盛り込まれ、ビギナーでも大笑いでき、ファンにもたまらなくうれしい作りになって、まさに敵なしです。

 

 特にファンがうれしいのは、片桐仁さんの出演でしょう。ラーメンズの公演がもう10年近く行われていない現在、本当に久しぶりの、舞台上での共演でしたからね。

 

 片桐さんだけでなく、他の出演の方々も、小林さんと一緒にたくさんのコントに出演してきた戦友たちです。

 安井順平さんだけは小林コント初出演なのですが、彼を含め全員、軒並み演技力と表現力に優れ、それも相まってこの公演、一ミリもスキがありません。粗探しするのも大変です。しないけど。

 

 さらに言えば、♯1の表記の通り、この「カジャラ」はシリーズです。

 現在第2弾が上演終了したわけですが、はやくソフト化して欲しくてたまりません。 

 

 

 というわけで、ここ最近見た中で、特によかった娯楽の紹介でした。

 正直今となってはどれも有名なので、今更ぼくが語るべくしたものでもないのですが、やはり思うのは「最近みんな熱っぽいなあ」ということです。

 

 誰しも本気も本気。クオリティが高いものが問答無用で目立つようになり、クリエイティブの世界がどんどんシビアになっていくのを感じます。まさに戦国時代。

 ぼくもいっさい油断してはいられません。

 やることこそ違いますが、ぼくも彼らに続いて、同じくらいメジャーになりたいです。

 

 我に愛を、しかるのちお金を!