きみのナワ。

イラストレーターになろうとじたばたしてる画学生です。ナワリョウガっていいます。

今日のような充実

 ここ2ヶ月くらい、ぼくの生活を支えているものは音楽です。

 

 いつだってそうだったのだけど、ノーミュージックノーライフなのだけど、ノミュノラなのだけど。

 

 こと最近は、聴く音楽と、音楽に対する感じ方が変化しつつあるのです。

 

 そういえばこのあいだ、すごく久しぶりに、音楽で涙が出た。

 宮川アキラさんの「風のオリヴァストロ」という曲。

 

 曲そのものに震えたというわけでもないんですが……曲から伝わる、アキラさんの音楽へのとめどのない愛とか、「こんな曲を書く人は、世界をこんなに美しく見ているのか」という実感で、音楽から見えるアキラさんの人間性に感動して、思わず涙がでました。

 

 本来アートは嫌いなんだけど、好きな作品があったとしたら、作品よりも作者が好き2なってしまうというのが、最近自覚したぼくの傾向です。

 

 村上春樹の小説は嫌いだけど、彼のエッセイやものの見方は好きだし、彫刻に一切興味はないけど、成田亨という人のひととなりは本当に尊敬してしまうし。

 ASIAN KUNG-FU GENERATIONが最近やたら好きになってきたのも、こんな曲や詞を書く後藤正文という人が好きになってきたというのが大きいですね。

 

 最近好きでいえば「ソラニン」が大好きで、毎日のように聞いてしまっているのです。

 

 アジカンの「ランドマーク」を偶然借りたら入っていて、だいぶ前に借りたのだけど、ちゃんと聞いたのはここ最近でした。

 そして「ソラニン」がアジカンの曲だったことと、こんなにいい曲だったことを知ったのです。

 

 曲が好きすぎて、発端となった漫画を原作とした映画にも興味が出て、今日「ソラニン」の映画を見ました。

 

 絵作りが丁寧だし、話がシンプルで見やすいし、いい映画でしたね。さすがに7年前の映画で、今じゃあんな作りじゃ通らないと思うけど、ベタっぽくありながら、演出力とカット割りと演技力で、そこらへんにある映画とは全然思わせない感じ、とてもよかったです。

 ただ、「ソラニン」の漫画を読んで観たわけじゃないから、少し長いかなとも思ったけど。原作ファンなら楽しいんでしょうけどね。

 

 とにかく監督の手腕でしょう。

 結構好きです。欲しいな。

 

 久しぶりに休日らしい休日で、久しぶりに映画が観れて、よかったです。

 でも明日はイベントだ。めんどくさいな笑