ナワをつぐもの。

イラストをやる人ですが、ここでは主に考えてることやエッセイなどを嗜みます。

平成課題合戦ろはろは

 「イラストレーターになるとかいいながら何呑気にパスタなんか作ってんだこいつ」

 

 とか思われそうなので、今朝はまじめに夏休みの課題を。

 この間も真面目だったけど、あれは予定にない自主制作でしたからね。

 

 近況報告も兼ねて、写真だけのせときます。

   

   f:id:inarikawa:20170726103404j:plain

 

 新作は一番下。他二枚は、先日のイベントで売ったものに手を加えたものです。

 

 で、夏休みの課題というのはロハスコンテストのことなんですが、相変わらずアイデアには困り果てています。とりあえず散歩なんかしてみたり。

 

 ふと思い出して、「平成狸合戦ぽんぽこ」なんか見てみたり。

 あれ、最高にロハスな映画ですね。

 

 ジブリといえば宮崎駿ですが、この映画を見ると、高畑勲も同じくらいに天才だということを思い出させてくれるような気がします。

 ほんとに愛らしい映画です、これは。大好き。買う。

 

 映画といえば、いい加減「華麗なるギャツビー」を観たいし、「風立ちぬ」を観たいなあ。

 大好きな映画で、どちらもブルーレイをもっていて何度も見ているんですが、いかんせん観る時間がなくて。

 学校生活をせわしなく送っていると、好きな旧作を見返すよりは、新しいのを観たほうがいいんじゃないのかとかなんとか思ってしまいまして。新作映画や未見の旧作などに走ってしまうのでした。

 

 とりあえずヒントだけは浮かんだけど、せっかくの夏休み、大好きな映画を見返そうかな。

 

 真面目にやってるとかいいつつ、結局映画見たいなあって話でした。

 ちなみに、昨日の夜は「天空の城ラピュタ」を観ました。

 母親がジブリ制覇に向けて以前買ったんですが、それ以来買い足しはせず、唯一買ったラピュタもおそらく一回も見ていないという始末。

 久々に観たいなと思ったのと、もちぐされている事実を思い出して観たわけです。

 

 「風立ちぬ」が総合的には宮崎駿作品の最高峰だと思うけど、娯楽作品としてはラピュタはやっぱりすごすぎますね。

 あれだけ娯楽を極めて仕舞えば、その後の作品が「もののけ」とか「風立ちぬ」みたいな、純粋に楽しむような気楽さとは程遠い作風になるのも当たり前というものですね。

 リアルを極めた画家が抽象に切り替わるとか、その逆もよくある話です。

 

 夜に映画を見るのはいい感じに眠くなれるので好きです。

 今のご時世、よほどの作品でないと、長編映画なんて途中で集中力切れますからね。

 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は最高に面白くて、三時間映画であることは観終わる頃に知ったくらいでしたが、それもそれで初見だったからかな。

 睡眠導入には逆にいいですね。

 ドラマは面白ければ面白いほど、睡眠時間を奪う。

 

 ヒントだけは浮かんだので、モチーフを詰めてみます。

 まあせっかく夏休みだから、好きな映画でも観ながら、あまり気を張らずにやりたいところですね。

 いやー贅沢な時間だ。