きみのナワ。

イラストレーターになろうとじたばたしてる画学生です。ナワリョウガっていいます。

かなり偏った書評「わたしのかたち」中村佑介対談集

   本が、本が読みてえ。

 

   さすがAmazon、ぼくの活字飢餓に敏感です。「まってました、三河屋です」とでもいったかんじで届いたのがこの本。

 

   中村佑介対談集「わたしのかたち」。

 

        わたしのかたち 中村佑介対談集

 

 いい表紙。中村さんの本を買うのは画集とイラスト教室以外では久しぶりです。

 欲しい本はたくさんあるんだけど、とりあえずぼくのいる文化圏での話題性という意味では一番の新刊だったので、真っ先に購入しました。

 

 とりあえずおもしろいです。しかしなんでおもしろいというと、「イラストレーション」内で行われた対談がそのまま載っているからなんですね。

 

 「イラストレーション」は業界誌ですから、この本の方が大衆性はあると思います。

 しかしながらイラストレーション誌は我が校では教科書として学費で支給されます。その上過去のバックナンバーが教室の本棚にぎっちり詰まってるので、普段からぼくみたいな人間は読みあさっていたわけです。

 

 そういう意味では、読んだことのある対談だらけで少し拍子抜け。

 というより、イラストレーション誌の方が、色やフォントや文字の大きさなどが工夫されていて、読んでてテンションが伝わってくる分楽しい。

 

 しかしながら、逆に言えば対談をとりあえず読めればいい場合、そうしたバックナンバーを買わずに済むという意味ではありがたいです。教室にあるバックナンバーは当然学校のものなので、欲しいから買いたかったんですよ。

 でも対談記事一つのために購入するのもなんだなあという気もしていたので、こんな形で手に入ったのはうれしい。

 

 読んだことがない対談については、そもそも対談相手がどんな作品を作る人か知らないので、その点でも意味がありました。

 特に山本直樹さんとかはすごく興味がある。

 さだまさしさんの曲も聴いてみたくなりました。

 

 「師を見るな、師が見たものを見よ」。

 一部の人にとっては本当に読んだ方がいいと思います。