きみのナワ。

イラストレーターになろうとじたばたしてる画学生です。ナワリョウガっていいます。

静けさのあとの嵐

「終わらせた仕事よりも、終わらせていない仕事の方が人間を疲れさせる」ということばをtwitterで見て以来、出典も忘れましたが、ことあるごとに思い出します。

 

実際、思い返せばかなりの実感を伴う言い方です。

今までも「そうだったなあ」だし、今も「ほんとにそうだよなあ」です。

 

実際、いまぼくはちっとヤバイ(入学以来五本の指に入るくらいヤバイ)んですが、なぜかというと、頭の中がいま抱えている課題とこれからの課題と、その他研修旅行やらなにやらでいっぱいになっているからです。

 

学校から帰ってきて疲れている暇もなく、今もぼくは課題と格闘しています。

それだけでなく、来週の月曜日のための課題や自分でやりたいことも含め、土日もやることでいっぱい。

 

ターナーアワードのような大作も控えており、二学期早々言い渡された、コミックイラストやイラストレーションの最終課題もものすごいボリュームです。

さらには東京への研修旅行に海外への研修旅行。

制作と人付き合いと足労のオンパレードです。

 

その上私生活でちょっとした(ほんとにちょっとした)悩みを抱えているのもあり、さながらパンク寸前。予定も頭も。

 

夏休みをマイペースに(それなりに)快適に過ごしていたのもつかの間、入学以来最大の多忙を前に、戦慄と恐怖と絶望と若干の期待に打ち震え、キャパシティーオーバー目前。ストレージをチャージしたい気持ちでやまやまです。

 

こんな雑文で現実逃避をするのもええ加減にせいといったところではありますが、これを耐え抜けば絶対に、顔を多少老けさせるのと同時に人格を多少成長させてくれるだろうと思いますから、今後ゆっくりたっぷりと卒業制作に臨むそのときに向けて、学生生活最後の課題の満漢全席を嗜もうではありませんか。

 

という意気込みを露わにするのもさておき、少し仮眠をとりましょう。←

 

今夜でペン入れまで終わったら万々歳かな。