ナワをつぐもの。

イラストをやる人ですが、ここでは主に考えてることやエッセイなどを嗜みます。

単位「今夜は寝かさないよ」

今週のお題「芸術の秋」

今日もお題でやってみましょう。

 

最近は、映画も観ていないし新しく本を読んだりもしていないので、なかなか「ああブログ書きてえ」とはならない毎日です。

しかしそんなぼくもデザイン学生ですので、秋も飽きも関係なく(ナワくん渾身のry)芸術三昧の日々を送っておりますよ。

 

そういう意味で結果的に近況報告をする流れになるんですが、最近も最近でなかなか忙しいです。

というより、卒業制作が本格的に始動して、いよいよ大詰めというところでしょうか。

 

いまは火曜日の授業の課題と、水曜日の授業課題がすごく大きのがありまして、土曜日もそれをやっていたかんじです。

先週以前は、それらの大きな課題がスタートしたのと同時に10月末にターナーアワードの第一次審査の締め切りがあり、締切日にはもう一泊二日の研修に出かけるといった具合で、目が回りました。同時に、「ああ、ちょうど去年もこんな感じだったなあ」とも思いましたね。

 

去年のその頃は(今頃もですが)、病院内で食器洗浄のアルバイトをしておりました。

今はやってないんですが、あの頃の学校とバイトの両立と同じくらい、先月は大変でした。

今年は特にターナーアワードの制作時間が劇的に短く、その他の授業課題も重たいものばかりで、正直キャパシティ超えてました。さらにぶっちゃけると、完成させることもできないままに終わってしまう結果となりました。残念。

去年がクオリティ的に悔しい結果だったので今年こそはと思ったのですが、去年以上に出来が悪かったです。

進歩した点があるとすればアイデアにかけた時間の長さですが、実作業がそのせいでほとんどできなかったことを考えれば、五十歩百歩というところ。

 

学生限定のコンペなので、もう応募することはできません。一切の栄誉を知らぬまま、ぼくは学校を卒業します。かなしいなあ。でも仕方ない。

 

そのリベンジも兼ねて、なんとしても卒業制作は頑張りたいというところ。

ラフのクオリティをまず高くして、本制作ではラフ以上の完成度と密度でやりたいですね。

中村佑介さんは、ラフと完成作品のクオリティをほぼ同じくらいに制作されますが、あれは本当にメリットがあります。ぼくも実際、完成させて初めて、もっと描き込みたかったとか、このモチーフを変更したいとか、色を変えたいとかということがありますから、ラフにも同じクオリティを出せればそういった修正も可能になります。

ただ、専門学校のような過密スケジュールでそれができるかというのは疑問ですが。

 

一つの課題にたっぷり時間をかけたいというのは、おそらくほとんどの学生が思うところであります。しかしながら、課題の平均的な制作時間は短い。うーむ。卒業したら自分で頑張るしかないですね。

 

ひどいときはその日のうちにとか、水曜日に出た課題を今週中にとか、そんな締め切りもあります。先生曰く「デザイナーはこういう急な仕事がほとんどです」ということらしいけれど‥‥。

 

ぼくはちゃんとした実力をつけたいので、プロと同じことをする練習を反復するよりも、ちゃんと長い時間と集中力で一つの作品を完成させ、実力を伸ばし、同じ制作時間で仕上げられるクオリティを時間とともに上げていきたいのですが、そこが専門学校の方針と食い違うところなのかもしれません。

 

うちの学校も就職に全力を挙げていますし、たくさんの検定受験や、コンスタントな課題提出などもあり、とにかく即戦力の育成が大前提のようです。

企業のニーズがそもそもそこであるらしいので、就職が前提なら仕方がない。

 

ぼくのような就職しない組は、付いて行くのもたいへんです。

 

急いで仕上げて、本来の実力の70%のクオリティなんだけど、それでもお金と交換するのに堪えるクオリティにできるようにする。中村佑介さんは、それが大事だとおっしゃっていました。

それには、「本来の実力」とやらをとにかくあげないといけないのです。

早く仕上げる訓練だけして、長い時間をかけてもせいぜい1割増のクオリティというのでは、就職してもその後が見えないんじゃないかな。

 

なーんてことを考えたり。

完全に課題が進んでないことの言い訳ですね笑

 

笑い事ではないんだ……やらねば‥‥‥

とにかく、卒業せんばねーこって。